ニュージーランド生活

ニュージーランドの病院の費用はバカ高い【ワーキングホリデー】

以前にニュージーランドの診療所へ行った時のことを紹介します。

ニュージーランドの医療形態

ニュージーランドにも日本と同じように病院と診療所があります。

病院は「Hospital」、診療所は「Medical centre」や「clinic」と呼ばれています。

病院の場合はかなり待ち時間が長いことで有名で、6時間待ちとかもよくあるようです。

オークランドの病院では予約システムもあるようですが。

実際に行った時の話

私も一度、ウェリントンの診療所へ行きました。

理由は「痔」です。ほっておくと、入院が必要になるかもしれないと思ったため、意を決して行ってみました。

ホストマザーに話を聞いてみると「病院より診療所がオススメ」と聞いたので、場所を教えてもらって行ってみました。

診療所に着いて、受付へ行くと「ニュージーランド居住者」か「仕事のために3年以上滞在している」かと聞かれました。私はワーキングホリデーで来ていたので、どちらにも当てはまらないと回答しました。その場合は、診察代が高めに請求されるようです。

このときに$200(16000円くらい)請求されました。診察を受ける前の請求だったので、一律でこの値段なのではないかと思います。

その後、問診票を記入し、「一時間くらいで診察を受けられる」と説明されました。

待合室で待っていると15分後くらいで名前を呼ばれました。そして、小さな個室に通されました。早いなと思ったのですが。そこでは、血圧を測ったり、簡単に症状の説明をしたりしました。

そこでは診察ではなく、診察のための前準備のようでした。

また待合室に戻って、診察を待ちました。40分ほど待っていると名前を呼ばれました。

今度は診察室に通され、診察を受けました。

薬を出すことと、野菜を多くとって運動するように促されました。

そして、受付に戻って、薬のリストをもらい、横に併設されている薬屋で薬を買いました。

薬の代金は$26(2000円くらい)でした。

トータル$226(18000円くらい)の出費でした。

しかし、海外保険に入っていたので、あとから申請し全額返金されました。

まとめ

病院より診療所の方が待ち時間が短い。

ニュージーランド居住者か仕事のために3年以上滞在していない場合は、$200診察代が請求される(診療所によって違うかも)。

診察後に薬局で薬を買う。

海外保険に入っていれば、保険会社から返金される(返金額は契約内容によって異なる)

日本で契約するより格安の保険会社もあるので、後日紹介できればと思います。

最後まで読んでいただき

ありがとうございましたm(_ _”m)