ワーホリ・留学情報

【準備】ダイソー店員が教える海外生活で活躍するダイソーアイテム-4選【留学・旅行】

今回は元ダイソー店員のペンペンが海外生活でオススメのダイソーアイテムを紹介します!

海外にダイソーはあるの?

海外でもダイソーはあります。

しかし、店舗数は少なく大きな都市にしかない場合が多いです。

僕が留学していたニュージーランドではオークランドに2店舗、ウェリントンに1店舗ありました。留学中にウェリントン店が新しくオープンしたので、今後海外の店舗数は増えていくと思います。

海外の店舗はこちらで確認することができるので、ダイソーがないと生きていけない人は留学先を考える参考になります。

ただし、海外のダイソーは日本より高いので、日本で事前に購入して持っていく方が安くすみます。

活躍するダイソーアイテム

爪切り

数あるダイソー商品の中でも海外へ行くときは絶対に持っていこうと思ったのが「爪切り」です。

海外でも爪切りは変えるのですが、すごく硬くて使うのが難しかったです。

簡単に爪を切れる日本製が安心だなと思いました。

長期で海外旅行へ行く際にも必須です!

ダイヤルロック(ワイヤータイプ)

防犯のため「ダイヤルロック」は1つあるとかなり安心できます。

ホテルやバックパッカーホステルには荷物保管用のロッカーが用意されているところがありますが、鍵がない場合もあります。

そのため、ダイヤルロックを持っていると貴重品を守ることができるので海外へ行くときには必須アイテムです。

ダイソーには南京錠のタイプなど数多くの鍵を扱っていますが、ワイヤータイプだとロッカーの形に合わせて柔軟に鍵をかけやすいので、使える幅が広がります。

僕がバイクで旅行していた時は、ハイキングに行くときに大きな荷物を持ち歩きたくなくて、バイクのシャフトとカバンをこのダイヤルロックで括り付けていたので、南京錠にはできない使い方をすることもできます。

留学準備中にお世話になった留学エージェントでも鍵を持っていくことはオススメしていましたので、持ち物リストに加えてみてはいかがでしょうか。

電子レンジ調理器 ラーメン「丼」いらず

海外ではお湯を入れるだけで作れるカップラーメンは少なく、値段も高い場合が多いです。

それに対して袋ラーメンは種類が豊富で値段が安いものもあります。

節約したいときや、簡単に食事を済ませたいときは、こちらの「電子レンジ調理器 ラーメン「丼」いらず」を重宝しました。

使い方も簡単で①袋ラーメンを中に入れる②お湯を入れる③レンジでチンで完成なので、レンジさえあればどこでも食べられます。ラーメンによってはお湯だけでレンジなしでも作れたりするので簡単です。

フタには穴が開いており、やきそばタイプの袋ラーメンでも穴からお湯を流して作れる万能調理器になっています。

USBミニライト

PCを持っている人には「USBミニライト」があると安心です。

海外で生活しているとバックパッカーホステルに泊まったり、シェアハウスに住んだりと他人と共同の部屋に泊まることもあります。

夜部屋の明かりが消えてからでもPCをする必要がある時に、少しでも手元に明かりがあると作業がはかどります。

自由自在に折り曲げられて、位置の調整もしやすく、カバンに入れても全然かさばらないので、1つあると安心です。

まとめ

今回は僕が実際に海外で生活をしてみて、愛用していたダイソーアイテムを紹介しました。

海外渡航の準備をする際に、快適な旅になる手助けができると幸いです。

ホテルの予約にオススメ!

僕は掲載数が多い&最安値+クーポンでさらに安くなる「Agoda」を使用しています!
予約や確認画面も見やすいのでオススメ!

旅行前にはアプリのダウンロードをオススメします!