ニュージーランド生活

ニュージーランドでの仕事探し4選【ワーキングホリデー】

こんにちは

ペンペンです。

今回はニュージーランドでの仕事探しの方法について紹介します。

先日バイトをクビになって

仕事探し中の私にはすごくタイムリーなんですが、、、

その話については↓の記事で

[blogcard url=”http://penguinfo.com/2019/07/28/2019-07-28-184022/”]

NZdaisuki.com

ニュージーランドでワーホリしている人の全員が使っている!!

のではないかと思うくらいに有名なWebサイト。

実際に私も最初はこのサイトで見つけたラーメン屋で働いていました。

掲示板形式で毎日仕事の募集が貼られています。

特に日本食レストランの募集が多いです。

ほとんどが日本語での募集で、連絡する場合も日本語OKなので、

英語に自信がない場合でも、仕事を見つけやすいです。

その反面、日本語以外での募集が少なく、完全英語環境での仕事を探すのは難しいです。

また、このサイトでは仕事探し以外にも、住まい探しやいらなくなったものの売買なども行われており、多くのニュージーランドの情報が集まっています。

BackpackerBoard

こちらもWebサイト

一覧形式で、多くの仕事の募集が貼られています。

特にFarm系ジョブに強く、フルーツピッキングやプルーニング、牧場での仕事を見つけるには最適です。

また、ローカルのレストランの募集が掲載されることもあり、完全英語環境で働きたい場合にはうってつけです。

しかし、募集内容も連絡するときも完全英語になるため、少なくともライティングができないと使うのは厳しい。

私もここでキウイピッキングとレストランの仕事を見つけました。(レストランのほうは英語能力の問題でクビになったのですが)

FacebookGroup

いわずと知れたFacebook

そのグループを利用した方法です。

FacebookGroupには数多くのグループがあり、その中には仕事探しのためのグループも存在します。

例えば”NewZealand Backpacker JOBS

このグループのニーズはBackpackerBoardと似ており、フルーツピッキングなどの募集が多く掲載されます。

また、自分から投稿することもでき、それにより、相手からオファーがもらえることもあります。

その場合、オーナーから直接ではなく、他のユーザーから「ここのお店で募集しているよ!」と教えてもらえることもあるので、仕事探しの情報は多く入ってくるでしょう。

一緒にキウイピッキングをしていたカナダ人はこのFacebookGroupからその仕事を見つけたそうです。

他にもレストラン等で働きたい場合は、「シティ名+”JOB”」でグループを検索すると多く出てきますので、それに参加して探すのがいいかと思います。

CVを直接渡す

ローカルのお店ではWebサイトに掲載しておらず、

お店の前に「Staff wanted」と貼り紙がしてあるだけのケースもあります。

そういったお店に直接CV(履歴書)を持って行って、応募することもできます。

私もこの方法を行いましたが、20件CVを渡して、1件連絡がくるかこないか。

また、Staff wantedのお店を探すために町中を歩くことにもなるので、根気も必要になります。

しかし、ローカルのお店で働きたい場合には、最適な方法だと思います。

まとめ

今回は私が特にオススメする方法を紹介しました。

他のWebサイトを使用したりもしましたが、

いまいち条件に合わないことが多かったです。

遊ぶためにも仕事をしてがっつり稼ぐ!

もし、あなたが仕事を探しているのであれば、助けになれば幸いです。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。