ニュージーランド生活

ニュージーランドでバイク(車)を買う方法2選【ワーキングホリデー】

こんにちわ

ペンペンです。

私の趣味のひとつ、バイク

といっても改造したりとかは一切せず、基本乗るだけです。

日本にいたころは車も持っており、バイクは休日たまに乗るくらいで、小屋に眠っていることが多かったのです。

しかし、ニュージーランドに渡航することにしたので、しばらく乗れないことに。。。

ということでバイクを売るか、残すか悩んでいたのですが、父親が乗ると言っていたので残すことに。

結局、全然乗っていないらしく、今はバッテリーが上がらないようにバッテリーを外してあるみたいですが”(-“”-)”

ニュージーランドは日本と比べるとかなりの田舎で、どこを見ても山か牧場

北海道に近いように思います。

そう、バイクに乗るにはもってこいの環境!

バイクがあったらいいなと思っていたのですが、、、

渡航して2か月後に買ってしまいました。

ちなみにこちらが私の購入したバイク。

Aprilia STX 150

買ってから知ったのですがApriliaはイタリアの会社だそうです。

もちろん日本のバイクも多く走っていますが、安かったのでこちらを購入。

f:id:penpenI:20190805145403j:plain

バイクを手に入れる方法は主に2つ。(車も同じですが)

店から買うか、

個人から買うか。

日本だとほとんどの人が店から買うと思いますが、

ニュージーランドでは個人から買うこともよくあります。

私の場合は、個人から購入しました。

店で買う

日本では馴染みのある方法ですが

ニュージーランドでも当然バイク屋はあります。

もちろん中古屋もあり、なんと、かの有名なレッドバロンもニュージーランドにお店がありました!

私も日本ではバイクをレッドバロンで買いましたが、店構え等は日本とそん色ないように思いました。

車の場合はディーラーが多く、日本車のHONDAやTOYOTAも多く見かけました。しかし、バイク屋の数は多くなく、値段もそんなには安くなかったです。

しかし、故障していた場合などは保証してもらえると思うので、そこは安心!

個人から買う

日本では個人から買うにしても、友達か友達の友達からしか買うことはほとんどないと思いますが、ニュージーランドでは個人間の取引が盛んです。

その利点はお店で買うよりも安く済む場合が多いことです。

特にTread meを利用したものが。

Tread meは個人間の取引ができるWebサイトで、個人が出品している商品を見て、直接連絡を取って交渉することになります。

交渉と言っても、実際に会って、バイクを見せてもらったり、試乗させてもらったり、不明瞭の点を確認したりと、そこまで難しい内容ではないです。

しかし、個人間のため、もちろんトラブルもあります。

私もありました。

私がとあるバイクをTread meで見つけて、連絡をとり、実際にバイクを試乗させてもらいました。

そこまではよかったのですが、そのバイクを買うことをその場で決めて、売ることを約束するメールを相手から送ってもらいました。

後は、送金して、バイクを受け取るだけだったのですが、数日後に連絡がきました。

内容は「バイクは売れない」と。

理由は私に売る約束をした後に、また別の人が来て、もうその人にバイクを売ってしまったとのこと。

約束したにも関わらずそれを違えるのはかなり失礼で、今思い出しても腹が立ちます。

ホームステイ先のマザーにそのことを話すとニュージーランドではたまにあるとのこと。

結局、次のバイクをまたTread meで探して、違う方から買いました。

まとめ

お店で買うと少し高くつく場合が多いですが、やはり安心です。

個人から買うと安くつく場合が多いですが、トラブルもあり、、、

どちらもメリット、デメリットがありますが、

バイク(車)があるとどこへでもいけるため、超オススメ!

ニュージーランドは都市から離れると交通機関がなかったりします。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。