ニュージーランド生活

【ニュージーランド気候】狐の嫁入りまくる国【ワーキングホリデー】

こんにちは

ペンペンです。

狐の嫁入りという言葉をご存知でしょうか。

晴れているのに、雨が降ることを指します。

さて、7月だというのに、ニュージーランドは真冬です。

寒いです。毎日湯たんぽを抱いています。

ニュージーランドでは冬であり、さらに雨季でもあります。

一週間のほとんど雨が降っていることもあります。

たまに晴れた日は同居人と洗濯機の取り合いに・・・

また、ニュージーランドは風が世界一強い国としても有名です。

雲の動きが早く、さっきまで晴れていたと思ったら、急に雨になることもよくあります。

天気予報はあまり信用できず、すぐに変わります。

昨日は晴れと言っていたのに、今日になったら雨に変わっていることもしばしば。

そして、今回の本題である「狐の嫁入り」

ニュージーランドは町の中心地以外は高い建物がなく、かなり空が開けています。

そう、真上には分厚い雲が雨を降らしていても、向こうでは太陽が出ているなんてこともよくあります。

日本ではあまりない、狐の嫁入りを経験して、なんかちょっとうれしい気持ちに。

さらに、雨が降って、太陽が出ることが多いということは、、、

なんと、がよく出ます!

それもくっきりと!

バイクに乗っている身としては大嫌いな雨ですが、

きれいな虹が出るため、それはそれでラッキー

実際にこんな虹を見ることができました。

なんと2重です!

ほんとは綺麗なアーチになっていたのですが、うまく撮ることができず・・・

f:id:penpenI:20190731161710j:plain

まとめ

ニュージーランドの冬は雨が多い。

だから、カッパを忘れるな!

あと、虹を探そう。

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました。