ニュージーランド生活

ニュージーランドでは花火禁止!数日だけの解禁日

ニュージーランドでは花火が禁止されています。しかし、年に数日解禁されるんです。

こんにちわ、ペンペンです。

ニュージーランド情報をお届けしていきます。

今回は、花火について。

花火禁止と解禁日

日本では夏の風物詩である花火ですが、ニュージーランドでは花火が禁止されています。

しかし、数日だけ解禁される日があります。

それは11月5日(とその近辺数日)の「Guy Fawkes Day(ガイ・フォークスデ・デイ)」です。

別に祝日というわけではないですが、その期間だけ花火が販売され、いたるところで花火が行われています。

なお、個人で行う場合はこの期間のみですが、新年などのイベントで花火大会が行われることもあります。

ちなみに、「Guy Fawkes Day」はイギリスの文化です。ニュージーランドでは伝統行事というより、ただの花火解禁日だと認識しているだけのように見えます。みんな「Guy Fawkes Day」を知らないのではないだろうか。

また、正確には花火が禁止されているわけではなく、花火の販売が禁止されています。

花火を手に入れる期間が数日しかないため、結局のところ数日しかできません。

解禁日は何をする?

解禁日の夜になるといたるところで花火が行われます。

日本のような手持ち花火ではなく、打ち上げ花火や筒から花火が噴き上がるような花火がよく見られます。

そのため音が大きく、夜12時を超えてもやっている人もおり、正直迷惑です(^^;

また、この日は火災件数や火傷件数が跳ね上がるそうです。年に数日のみなので、花火に慣れていない人が多いというのが一因なのかもしれません。

まとめ

ニュージーランドでは花火禁止!

しかし、11月5日の「Guy Fawkes Day」とその近辺のみ解禁されます。

花火をする場合は、安全に配慮して行うように心がけてください。

今後も、ニュージーランドの文化などを発信していきますので、お楽しみに!

最後まで読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _”m)

*********ランキング参加中!*********

クリックで投票されるので、応援していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村