ニュージーランド生活

ニュージーランドの電源・電圧。コンセント変換プラグは必要!

ニュージーランド(オーストラリアも同じ)のコンセントの形。変換器は必要なのかを解説!

また、オススメの使用方法も紹介!

ニュージーランドのコンセントの形は日本とは違います。

そのため、変換プラグは絶対に必要になります。

また、電圧は230Vから240Vです。もし、電圧変換機能がない電化製品を使う場合は、電圧変換器も必要になります。

Oタイプのコンセント

コンセントの形状はOタイプ

コンセントの形状はOタイプです。

日本のコンセントは使用できないので、変換する必要があります。

画像のような上部がハの字型、下部が縦のものです。

下部の縦はアースですので、変換プラグはハの字部分だけのもので問題ありません。

私が使っている変換プラグは↓の画像のものです。

日本のダイソーで購入しました。

ちなみにニュージーランドのダイソーでは扱っておりませんので、悪しからず。

日本を含めた他のいくつかの国からニュージーランドのコンセントに変換するものなら、扱っていますが$5(400円くらい)します。また、陳列されていないので店員に直接確認する必要があります。

変圧器は必要?

何の電化製品を使うかによって変わってきますが、個人的にな意見では必要ありません

というのも、絶対に持っていくであろうスマホやパソコン、カメラの充電器はすでに電圧変換機能が備わっているものが多いからです。

ドライヤーなどの電化製品は基本的には電圧変換機能が備わっていないので、ご注意ください。

スマホでしたら、コンセントに差す四角の箱のような部分が変換してくれています。

そこを見ると小さい字で「INPUT:100V-240V」と書かれていると思います。カメラやパソコンにも同じような表記があるはずです。日本の100Vからニュージーランドの240Vまで対応しているという意味です。

これが240Vではなく、200Vだったりすると電圧が対応しておらず、使用できませんので、必ず記載されている電圧をご確認ください

電圧が違うと、電化製品が故障するだけでなく、最悪火事になることもありますのでご注意ください。

個人的にはスマホ、パソコン、カメラがあれば、事足りると思うので、電圧変換器は必要ないと考えます。

オススメの変換プラグの使い方

日本と同じく、1か所に2つのコンセントが上下に並んでいることが多いです。

しかし、バックパッカーに泊まったり、他の人と共有で使うとコンセントが足りないことも・・・

そこで、変換プラグ1つと日本の延長コード1つもっていくことをオススメします。

私は変換プラグ3つだけ持っていき、延長コードをニュージーランドで買いました。

ニュージーランドの延長コードは値段が高いし、少し大きめなので、私は失敗したなと思いました。

この方法でしたら、電圧変換をしたい場合でも、変換プラグを電圧変換器に変えるだけなので、安くすみます。

まとめ

ニュージーランドのコンセントはOタイプという形状。

日本とは違うため、変換プラグが必要。

電圧も日本とは違うため注意が必要ですが、スマホやパソコン、カメラのみの使用であれば基本的にはいらない。しかし、間違った電圧で使用することは大変危険なので、注意してください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _”m)

*********ランキング参加中!*********

クリックで投票されるので、応援していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村