ニュージーランド生活

ニュージーランドの高速道路事情!有料?無料?【ワーキングホリデー】

こんにちわ

ペンペンです。

 

現在、ニュージーランドでワーキングホリデー中です。

ニュージーランドでは都市部しかバスや電車が発展しておらず、

田舎の方にある有名な観光スポットまで行こうと思うと車でしか行けない

なんてこともしばしばあります。

そんな時に高速道路を利用することもあると思うので、

ニュージーランドの高速道路事情を紹介します!

f:id:penpenI:20190826130326p:plain

 

高速道路ってどんな感じ?

こちらでは「motor way」と呼ばれています。

高速道路というより、自動車道といったほうが近いかもしれません。

そんな高速道路ですが、基本的には日本と変わらないです。

入るときは道路の案内通りに高速道路の入口へ入っていき、

出るときは出口と直進の車線が枝分かれして、一般道路へ合流するといった形です。

道路の案内板も高速道路は緑色の看板です。

そこまでも日本と一緒です!

また、日本ほど高速道路が入り組んでおらず、基本的には一本道で一部で西へ行く道、南へ行く道といった具合で分かれています。

日本ようにバイパスがーとかはほとんどないので、かなりわかりやすいです!

 

制限速度は基本100km/h

カーブなど場所によっては80km/hだったりもします。

日本よりも少し早いですね。

 

入るための制限

日本では原付や小型バイクなど、125cc以下の車は入れません。

ニュージーランドではそういった風に決まられてはおらず、

100km/h出せる車であれば入っていい」とざっくりと決まられています。

原付だと厳しいかもしれませんが、小型バイクであればいけるかも??

100km/h出せる車であればいいとは言ったものの、必ずしも100km/h出す必要はありません。

特にニュージーランドは風が強い国なので、スピードを出していて危険に感じれば、スピードを落とすことが大切です。

 

どこに高速道路はあるの?

この高速道路は都市部の中しかなく、

都市と都市を繋ぐ形では繋がっていません。

もし、違う都市へ車で移動する場合は、一般道を走ることになります。

しかし、一般道も街の外へ出れば制限速度は基本100km/h。

道も広大でまっすぐ伸びている場所が多いので、高速道路はなくても困らないのです。

 

有料?無料?料金の支払いは?

実はニュージーランドの高速道路、無料です。

そのため、料金所などはありません。

一般道路から高速道路の入口に入ると、そのまま高速道路に合流していきます。

 

高速道路は無料と行ったのですが、

一部の場所では有料道路があります。

それは高速道路とは直接つながっておらず、まったく別の場所にあるのですが。

都市部の少し複雑になっている高速道路では有料道路は一切ありません。

今回は有料道路は除いて、無料である高速道路のみの紹介させてもらいます。

しかし、一般道でも有料道路の始点から終点まで行けて、そこまで時間にも道にも大差ないので、あまり有料道路を使う必要性は感じられませんでした。

 

まとめ

高速道路は基本的に日本と同じです。

都市部の中にのみ高速道路があり、都市と都市の間は一般道路で移動します。

それでも、道は広大で直進が多いので問題ないです。

制限速度は基本的に100km/h。場所によっては80km/hだったりもします。

ですが、制限速度を守ってない人が多く、みんなスピードを出しています。

事故に合わないためにも、周りに流されず、しっかりと自分のペースで運転してください。

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございましたm(_ _”m)