ニュージーランド生活

室内は全面禁煙!ニュージーランドの喫煙事情

日本とは違ったニュージーランドの喫煙事情を紹介。

日本では喫煙規制が進み、外では一部の喫煙所でのみ喫煙可、室内ではあまり規制が進んでいませんが、分煙を実施しているお店が増えてきていると感じます。

現在、JTによると17.9%の人が喫煙をしているそうです。

一方、ニュージーランドでは日本とは違ったの喫煙事情があります。

ニュージーランドの喫煙率

Smoke Freeによると(2018年のデータ)

ニュージーランド全体の喫煙率は13%(15歳以上が対象)。

人種別に見ると

  • マオリ・・・31%
  • 南太平洋の人・・・20%
  • ヨーロッパ人とその他・・・12%
  • アジア人・・・8%

マオリの喫煙率が高いですね。

しかし、全体的に喫煙率は減少傾向にあります。

タバコを吸えない場所

  • 飲食店の中(レストランやバーなどを含む)
  • 学校や幼稚園の敷地
  • 職場(建物内)

基本的に室内での喫煙は禁止です。

ちなみに電子タバコは対象外ですが、雇用主やオーナーが禁止するかを決めることができます。

ニュージーランドの店内では電子タバコを含めて、喫煙している人は見たことがないので、禁煙と考えた方がいいでしょう。

フラットハウスやアパートでも禁煙になっているところが多いです。(むしろ、喫煙可のところを見たことがない)

一方、屋外の喫煙には特にルールが設けられておらず、レストランやバーの屋外のテーブルでは喫煙可能です。

また、道路での歩きたばこも制限されていません。道路沿いに灰皿が設置されていることもよくあります。

(どちらも条例により制限がある場合があります。)

タバコの値段・販売の制限

1パック20本入りのマルボロが約$28(2000円くらい)で販売されています。

タバコに対する税金が高いため、このような値段になっています。

そのため、巻きタバコや電子タバコを愛用する人が多いです。

また、販売に対していくつか法律で定められていることがあります。

  • 18歳以上の人にのみ販売可能
  • タバコの広告と宣伝を制限
  • 1本のタバコ、20本未満のタバコパックの販売を禁止
  • タバコのパッケージに健康を害する警告を示した画像の印刷が義務付け

お酒もタバコもニュージーランドでは18歳から可能です。

また、タバコのCMや広告などは見たことがありません。

タバコのパッケージには黒くなった肺や動脈を詰まらせた画像が印刷されています。

正直、結構グロテスクです。

ちなみに、ニュージーランドでタバコの自動販売機は見たことがありません。

※参考にしたサイト(Nau Mai NZ)

まとめ

屋内の禁煙については、全面禁止と考えて問題ありません。その点は日本よりかなり進んでいます。

一方、屋外の禁煙については、制限が特になく、バーなどでも一歩外へ出れば喫煙可能です。

そういった点は日本とは対照的だなと感じました。

また、タバコには高い税金がかけられており、販売にも日本以上に厳しい制限があります。

嫌煙家の私としては、せめて歩きたばこは他者の安全のために、禁止してほしいなと思います。

今回は、ニュージーランドの禁煙事情について紹介いたしました。

最後まで読んでいただき
ありがとうございましたm(_ _”m)

*********ランキング参加中!*********

↓ボタンをクリックしてね!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ