ニュージーランド観光

小さな海沿いの街「Whakatane(ファカタニ)」【ニュージーランド】

こんにちわ

ペンペンです。

現在、ニュージーランドでワーキングホリデー中です。

今はオークランドで働いているのですが、オークランドへに来る途中に寄った街「Whakatane(ファカタニ)」を紹介します。

Whakatane(ファカタニ)とは

Whakatane(ファカタニ)とはニュージーランドの東海岸沿いに位置する小さな街です。ほとんどの人はニュージーランドに来ても、通ることがないのではないかと思います。

もし、通るとすれば、この近くの街で働いている人か、エーストケープというニュージーランド最東端へ行こうとしている人くらいかなと思います。

私は隣町のさらに小さなOpotikiというところで働いていたので、たまにこの街へ買い物に来ていました。

Whakataneの意味はマオリ語で「男のように振る舞う」だそうです。

Mataatua(マタアトゥア(?))というカヌーでマオリ族がWhakatane川の河口に上陸し、彼らが洞窟を調べようとした時に、そのカヌーが漂流しそうになった。その時にマオリ族の女性のWairaka(ワイラカ)が「Kia Whakatane au i ahau(私は男のように振る舞う)」と叫んで、他の女性たちと協力してこのカヌーを救ったのだとか。その時に叫んだ言葉からこの地名が来ているようです。

ちなみにこのMataautaというカヌーはハワイから送られた素晴らしい航海カヌーだそうです。

Whakataneの名前の由来については独自に調べたのですが、英語とマオリ語で書かれており、自分なりの解釈で翻訳しているので悪しからず(^^;

観光ポイント

海岸沿いの街だけあって海はかなり綺麗です。

海の中に少し盛り上がった場所があり、そのうえに女性の像が見えます(1枚目の写真)。

地名の由来ともなった言葉を叫んだWairakaの像がどこかにあると何かで読んだので、これがそうなのかな?

また、海の中から何かのオブジェクトのようなものが出ていました(2枚目の写真)。

f:id:penpenI:20190926134843j:plain
f:id:penpenI:20190926134316j:plain

Mauriwai’s caveという洞窟もあります。

入口にはマオリ族特有の絵が彫られたゲートがあります。

中に入ってみると・・・すぐに行き止まりでした(^^;

もうちょっと奥まで入れるのかと期待していたのですが(^^;

入口にはこの洞窟について説明した案内板もあったのですが、破れて色あせており何が書かれているかはわかりませんでした。

f:id:penpenI:20190926130924j:plain
f:id:penpenI:20190926130949j:plain

街の真ん中にはメモリアルのような石像が置かれていました。他の場所でも石像はよくありますが、こんなに綺麗なものは他にはないです!

さらにその後ろは小さな公園のようになっており、大きな木の一部がくりぬかれてトンネルになっていました。木のトンネルのようなものを見るとワクワクしますね!

f:id:penpenI:20190926131112j:plain
f:id:penpenI:20190926131137j:plain

まとめ

Whakataneは東海岸沿いにある小さな町です。

見て回る場所は少ないですが、海や街が綺麗で時間がゆっくりと流れており、リフレッシュにはもってこいです!

最東端の地を目指す場合にはぜひお立ち寄りください!

↓こちらも見てね↓

[blogcard url=”http://penguinfo.com/2019/07/17/2019-07-17-140536/”]

最後まで読んでいただき

ありがとうございましたm(_ _”m)