ニュージーランド生活

ニュージーランドの祝日「Labour Day」

ニュージーランドの祝日「Labour Day」を紹介。

今日は、2019年10月28日。

ニュージーランドでは「Labour Day」という祝日です。

Labour Dayはどんな祝日?

10月の4週目の月曜日は毎年祝日になります。

「Labour Day」は「労働者の日」という意味になります。

学校、多くのビジネスマンは休みになります。

しかし、スーパーマーケットやショッピングモールなどのお店は開いています。それでも、いくつかのお店は祝日に閉まりますが。

この日の周辺に労働者の権利を主張する街頭パレードやデモがよく行われます。

実際に昨日も道路を一部封鎖して、デモが行われていました。このデモは「チリの政府に対しての不満表明」が目立っていました。しかし、チリ人だけでなく、いろんな人々が見えたため、いろんな意味を含んだデモだったと思います。

こうしたデモはニュージーランドではよく見かけます。理由は「賃金と業務の不釣り合い」に対してが多いように感じました。

もちろんみんなデモをするわけではなく、多くの人々は休暇を楽しんでいます。

海外旅行へ行ったりするのか、街には人が少なくなったように感じました。

Labour Dayの背景

Labour Dayは19世紀に労働者たちが8時間労働の権利を主張したことに始まります

1840年、ウェリントン、とある大工はこの権利について戦い、そして、勝利しました。

そして、1890年10月28日に最初の祝日としての「Labour Day」が始まりました。

この日はパレードが行われました。何千人もの政府職員やビジネスマンがパレードに参加するために休みを与えられたそうです。

この祝日が公式に始まった1900年では10月の第2水曜日が「Labour Day」でした。

その後、1910年より、今と同じ第4月曜日が祝日となるように移動したそうです。

100年以上前からハッピーマンデーが始まっていたんですね。

まとめ

ニュージーランドでは毎年10月の第4月曜日は祝日「Labour Day(労働者の日)」。

学校や多くのビジネスマン、公務員は休みになります。

労働の権利に関するデモがこの日の周辺でよく行われます。

多くの人々は3連休となることもあり、余暇を楽しんでいます。

今回は、ニュージーランドの祝日について紹介しました。

最後まで読んでいただき

ありがとうございましたm(_ _”m)